アカマタ。毒蛇ハブをも食べる、美しくも狂暴なヘビ。

アカマタ

和名:アカマタ
分類:爬虫網 有隣目 ナミヘビ科 マダラヘビ属
学名:Dinodon semicarinatum
大きさ:全長80~170cm(最大200cm)
分布:奄美諸島・沖縄諸島

アカマタの分布図

アカマタの分布図
アカマタの分布図

アカマタはなぜ大きいのか

アカマタは大きな個体では全長2mを超えることもある大型のヘビです。肉食哺乳類のいない琉球諸島において、ハブとともに生態系の頂点に君臨する生き物です。

アカマタは、マダラヘビ属(Dinodon)というグループに属するヘビですが、同じマダラヘビ属の他のヘビと大きさを比べると、シロマダラは70cm程、サキシママダラ・アカマダラは100cm程と、アカマタは圧倒的な大きさを誇っています。

アカマタが他のマダラヘビ類と比べてずっと大きい理由として、本来生態系の頂点に君臨するはずの肉食性哺乳類が奄美群島・沖縄諸島にはいないので、その生態的地位を占めるためと考えられています。

そして、もう一つのアカマタ大型化の理由として、アカマタの生息する奄美群島・沖縄諸島には大型の無毒蛇・ナメラ属(アオダイショウやスジオ類)のような、ネズミや小鳥など大型の獲物を捕食するヘビがいないことも考えられています。

日本とその周辺地域には、例えば北海道・本州・四国・九州にはアオダイショウ、先島諸島にはサキシマスジオやヨナグニシュウダ、朝鮮半島にはチョウセンナメラ…と、各地域に「ナメラ属のヘビ」が生息しています。そしてこれらの地域では、マダラヘビ属は小型~中型です。

ナメラ属は「鳥獣を絞め殺すこと」「ヘビにとって大型の獲物である鳥獣をよく伸びる鱗で丸のみすること」に関して、マダラヘビより優れています。なのでマダラヘビ属は、鳥獣食の大型蛇の座はナメラ属に譲り、爬虫類専食または爬虫類や両生類を中心に色々なものを食べるような小型~中型の立ち位置のヘビとして、うまく立ち回っているのです。

そしてナメラ属のいない奄美群島・沖縄諸島では、他の地域ではナメラ属が君臨している大型蛇の生態的地位を兼任すべく、アカマタは大型化したわけです。

アカマタの食べ物

マダラヘビ属はナメラ属に比べて体列鱗数が少ないため、獲物を呑んだ時に皮膚が伸びにくく、トカゲやヘビなど細長い爬虫類を餌として好む種が多いのですが、アカマタは、あらゆる生き物を食べ、マダラヘビ属が好むヘビやトカゲを中心に、カエルや、小鳥・ネズミまで、何でも食べてしまいます。

体を大型化させることで、マダラヘビ属が本来食べるのが苦手な太い獲物も呑み込めるよう進化したのでしょう。

ハブをも食べるアカマタ

アカマタはハブの天敵、などと言われることがあります。アカマタは、あの恐ろしい毒蛇であるハブを食べてしまいます。

なのでアカマタは、地域によってはありがたがられることもあります。しかしアカマタの方が小さいと、逆にアカマタがハブに食べられてしまうこともあります。

もし同じサイズだったらどちらが強いでしょうか。アカマタはハブ毒に対する耐性があるので、パワーで勝るアカマタの方が有利であるのでは、と予想できます。また、アカマタはあらゆる種類の生き物をエサにしますが、爬虫類を特に好むので、ハブがアカマタをエサにする以上に、アカマタの方がよりハブを積極的にエサにする可能性はありそうです。

アカマタに毒はある?

アカマタは、写真からもわかるように赤と黒のハデな色合いをしています。派手な生き物は警戒色で毒がある!と思われがちですが、アカマタに毒はありません

ただし、気が荒く攻撃的な個体が多く、大型個体に噛まれるとそれなりのダメージを受けるので気を付けるに越したことはありません。また、つかむと非常に臭い液をかけられます。この毒自体に特段害があるわけではありませんが、生臭い、独特な悪臭です。

アカマタに出会うには

アカマタは、奄美・沖縄の分布域にて、最もよく出会うヘビです。夜行性なので、夜に出没します。林の中でも出会いますし、道路にもよく出てきます。雨上がりなど条件の良い日では一晩で何十匹ものアカマタに出会います。奄美沖縄では、出会う蛇の大半がアカマタということが少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です