オオキノコムシ。体は黒、頭はオレンジと黒い水玉の、不思議な甲虫。

オオキノコムシ(東京都奥多摩町 7月)

オオキノコムシという変わった甲虫です。東京都の奥多摩で採集しました。街灯の下で見つけました。

見た目はご覧のとおり、ボディは黒く頭はオレンジをベースとした黒の水玉模様、翅にもオレンジが少し入っています。

5㎜方眼の上に乗せてみると、ちょうど3cmあるのがわかります。タマムシに匹敵する大きな甲虫で、色彩も鮮やかで、マイナーながらも存在感があります。

この虫を見つけても、カミキリなのかコメツキムシなのかゴミムシなのか、見当がつかないと思います。

なので、ブログタイトルも、わからない人がググって出てきやすいように、オレンジ・黒・水玉のワードを入れてみました。

名前の通りキノコを食べます。キノコムシの仲間は、種によって食べるキノコが違うようで、オオキノコムシはサルノコシカケなどを食べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です