トウキョウサンショウウオ (両生網 有尾目 サンショウウオ科 Hynobius tokyoensis)

和 名:トウキョウサンショウウオ
分 類:両生網 有尾目 サンショウウオ科 Hynobius tokyoensis
大きさ:全長8~13cm
分 布:本州(群馬以外の関東地方と福島県の一部)
・環境省レッドデータブック 絶滅危惧Ⅱ類
・東京都日の出町 天然記念物

早春の丘陵地の水域で

早春の関東地方は、トウキョウサンショウウオの繁殖の観察をするチャンスです。

サンショウウオの仲間は、普段は隠れていて成体を滅多に見ることができないですが、繁殖地に集まる季節は観察のチャンスです。また、不思議な形をした美しい卵のうも、観察することができます。

筆者は毎年2月下旬くらいから、東京郊外のトウキョウサンショウウオ繁殖地を巡り、繁殖に集まった成体や、卵のうを観察しています。

トウキョウサンショウウオはどこにいる?

トウキョウサンショウウオ(東京都あきる野市・3月)

サンショウウオの仲間は、涼しく多湿な環境を好みます。

そのため、山地が多く降水に恵まれ冬は厳しい寒さとなる日本は、サンショウウオの棲息に適しているようです。

サンショウウオ大国・日本といわれるほど、日本には多種類のサンショウウオが生息しています。

サンショウウオの仲間は、以下の2つに大きく分けることができます。

  1. 「止水性」…丘陵地の湧き水や池・沼・田んぼなどに産卵するグループ。
  2. 「流水性」…流れの激しい渓流の源流部で産卵するグループ。

トウキョウサンショウウオは「1.止水性」のグループに属し、関東地方各所の標高300mまでの丘陵地に棲息しています。

トウキョウサンショウウオを観察するには?

トウキョウサンショウウオは、関東各地の丘陵地の水域を中心に、局所的に分布しています。

東京都内の丘陵地

上の地図は、東京多摩地域の丘陵地を示しています。ちなみに、狭山丘陵は「となりのトトロ」の、多摩丘陵は「平成たぬき合戦ぽんぽこ」の舞台となった場所です。

トウキョウサンショウウオの東京における生息地は、この丘陵地帯が中心となります。3月中旬くらいに、上の図の丘陵地帯の止水域各所に卵のうが産み付けられます。

採集・飼育はしていいの?

多くのカエルの仲間のように、自然豊かな生息地の水辺になら大抵いるわけではなく、上記の丘陵でも局所的に繁殖地があるだけです。

トウキョウサンショウウオは、里山の減少により急激に数を減らしているサンショウウオです。自治体指定の天然記念物であったり、また採集禁止の場所があったりと、保護すべき種とされています。

しかし、場所によっては採集可能で、飼育もできるので、成体や卵のうが乱獲されネットなどで大量販売され、自然保護上の課題となっています。

よって、筆者はトウキョウサンショウウオ繁殖地をいくつも知っていますが、ピンポイントで場所をここで公開するわけにはいきません。

一方で、「トウキョウサンショウウオを飼ってみたい」と興味のある方には、ネットやペットショップではなく、野外で必要な数を採集して大事に飼育して欲しいと思っています。

自分の足で歩いて探す、詳しい人に教えてもらうなどして、「買わずに手に入れる方法」を考えましょう。

トウキョウサンショウウオ
トウキョウサンショウウオ(東京都あきる野市・3月)

インターネット・オークション 生体販売の問題

毎年、早春になると、インターネット上の両生類専門家・愛好家たちにざわつきが起こります。それは、サンショウウオの成体や卵のうがインターネット・オークションの商品として、大量に出品されるからです。

どの種類の生き物も、インターネット・オークションでの販売は、生き物保護派からは良く思われないものですが、ことサンショウウオについては、多くの人がオークション販売に否定的です。筆者も同じです。

否定する理由は人それぞれあるでしょうが、サンショウウオのネットオークション販売がなぜ特に問題なのか、筆者の見解を以下で4項目述べます。

個人がインターネット・オークションで、容易に販売できてしまう

動物愛護法により、「哺乳類・鳥類・爬虫類」は、対面販売しなくてはならず、インターネットによる販売ができません。しかし、両生類・魚・虫などは、その対象ではないので、個人でも容易に販売が可能です。

数の減っている生き物なので、ペットショップでの販売も、問題がないわけではありません。しかし、流通の経緯が個人販売よりは複雑な分だけ、まだマシといえるでしょう。

ネットの無い時代から、野外で採集されたサンショウウオは販売されていました。しかしその脅威性は、現在のネット販売より低かったことでしょう。

生き物を換金すると、見境なく乱獲するようになる。

サンショウウオを見つけた人みんなが、サンショウウオをネットオークションで換金したらどうなるか。

人間誰でも、お金がありすぎて困ることはありません。制限無く、サンショウウオを取りつくしてしまうことでしょう。

これまで地球上の生き物が人間の手によって大量に絶滅させられてきましたが、毛皮や角などをとるため、つまりお金を稼ぐための乱獲が原因のケースも多いです。

オークションでの販売が難しくなる前にどんどん獲って売ってしまおう、という悪質な考えを持つ人もいるかもしれません。

実際、オークションで販売されたサンショウウオに対して、オークションの質問覧に、サンショウウオを販売することに対しての批判コメントがついた際、出品者は「取りつくして何が悪い」かのような開き直りにも近い態度をとっていたことが話題になりました。

サンショウウオは生息地が局所的で、地域個体群ごとに遺伝子が違う可能性がある

サンショウウオは、湿ったところでないと体が乾いて生きて行けず、足が遅く、カエルのようにジャンプすることもできません。

なので、山や河川などの少しの環境障壁で、遺伝的交流が簡単に絶たれやすい生き物です。

例えばカエルならば、運動能力の高さや繁殖力によって、サンショウウオよりは障壁を乗り越えやすいですし、さらに、水辺から離れられるヘビやトカゲなどの爬虫類は、環境障壁を乗り越える力はさらに上でしょう(流木に捕まり海も渡れる)。

そんなサンショウウオですから、繁殖期以外は穴の中等でじっとしており、低い代謝を利用して、餌が目の前に来るのを待ち来たら食べる、といった生活をしています。

つまり、長い年月が過ぎた場合、運動能力の低いサンショウウオは、環境障壁によって種の分断が起こりやすいのです。

同じ「トウキョウサンショウウオ」という種類であっても、遺伝子レベルで見れば、地域によって微妙に違うグループだったりするわけです。実際、トウキョウサンショウウオは、遺伝的に「茨城県・福島県」と「東京都・埼玉県・千葉県・栃木県」の2集団に分化していることがわかっています。

「トウキョウサンショウウオは関東に広く住んでいるから絶滅しないだろう」と高をくくり、一部の地域のトウキョウサンショウウオを捕りつくしてしまうと、その地域特有の遺伝子が地球上から消えてしまう可能性があるのです。

もしかしたら将来研究が進み、新種として記載される可能性も十分あったのに、です。2019年、西日本に広く棲息していたカスミサンショウウオが、1種だったものが9種にも分かれました。トウキョウサンショウウオも、将来このようなことがある可能性だってあるわけです。

サンショウウオはカエル等に比べ、個体数・産卵数・上陸後の死亡率が少なく、性成熟も遅い

ネットオークションでは、同じ両生類のカエルも、野外採集個体が大量に販売されています。もちろん良いこととは言えませんが、サンショウウオの採集販売の方が、カエルに比べてずっと深刻です。

3.でお話しした、サンショウウオの遺伝的隔離性も一つの大きな理由なのですが、ほかにも理由があります。

  • サンショウウオは、カエルと比べると圧倒的に卵の数が少ないため増えにくい(例:ヤマアカガエル1000~2000個。トウキョウサンショウウオは50~100個)
  • トウキョウサンショウウオは性成熟まで4~5年かかり(ヤマアカガエルは1~2年)
  • 上陸後の幼体の生存率は高く、8割は4~5年後の繁殖に参加できると考えられ、野生でも10年以上生きる。カエルのように積極的に出歩かないので死亡率が低く、寿命も長い。

サンショウウオの卵のう ネット販売問題が、朝日新聞に掲載

朝日新聞の記事で、この問題がとりあげられました。

法による規制が望ましいですがそれは生易しいものではありません。

まずは、このように問題が社会に拡散され、世論を変えていくことが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です